ペニスを長くするために手術を受けたくても、痛みに悩まされないか心配で手術を受けられない人も大勢います。靱帯の一部を緩める必要があるためにメスを使う場合もあり、傷口がふさがるまで痛みが続かないか心配で手術を受けられない時には、技術力の高さで信頼できるクリニックを頼ってください。

これから長茎術を利用してペニスを長くしたいと考えている方々のために、長茎術が魅力的だと言われる理由やクリニックの選び方などの情報をご紹介します。費用の安さだけを規準にクリニックを選ぼうとするのではなく、医師の実績の豊富さを比較する事も重要です。

長茎術が効果的だと言われる理由

自分のペニスが短いのは手術でも対処しようがないと思い込んでいる人も多いのですが、ペニスの構造について勉強するだけで考えが変わります。ペニスを構成している陰茎海綿体という主組織は、靭帯によって恥骨と結びついているために、人によっては陰茎海綿体が前面に出ないまま固定されている事も珍しくありません。

短いと感じるペニスの陰茎海綿体の一部を恥骨から引き剥がすだけでも、驚くほどにペニスが長くなったと言われる事もあります。恥骨から引き剥がした後に固定するために、傷口が塞がる事によってペニスが再び短くなる心配もなくて、自分の股間に自信を持てるのも長茎術のメリットです。

一部の組織を恥骨から引き剥がすと聞くだけで、長茎術を利用すると大手術を行う事になると感じてしまう人もいますが、太い血管を傷つけてしまう心配もありません。傷口は縫合するために短期間で塞がって、下腹部に埋もれている陰茎海綿体を外部に引っ張り出した部分も、神経が刺激されないように固定するのも痛いと感じにくい理由です。

痛みが苦手なので長茎術を利用するか迷っている方々も、クリニックで医師のアドバイスを受けながら手術の詳細を聞くだけで、長茎術のメリットを理解できます。

感染症対策を意識したクリニックを選ぶ

痛いのが苦手なので長茎術を利用するか迷っている人は、手術の実績の豊富さだけでなく医師のサポートの手厚さでクリニックを選ぶ事を推奨します。ペニスを手術する際に感染症対策を意識するクリニックでなければ、傷口の消毒が不十分なまま放置されてしまい感染症を発症して、傷口が化膿する事になりかねません。

本来であれば痛いと感じないうちに傷口が完治する手術でも、感染症が悪化する事によって傷口が何度も開いてしまい、痛みに苦しむ事になるので注意が必要です。痛いと感じさせないと評価されるクリニックは、手術を行う際に消毒処理を時間をかけて行うために、感染症にも悩まされる事が少ないと言われています。

評判の良いクリニックなら手術後の自宅での過ごし方もアドバイスしてもらえて、傷口が化膿しないように洗浄する方法を教えてくれます。手術を終えた後にシャワーを浴びると、痛いと感じるのが嫌だと考えてしまう人もいますが、医師のアドバイスをよく聞きながら傷口をケアする事も重要です。

長茎術の手術を受けてから傷口が塞がるまでの間に、高熱が出たり痛みが悪化した時には、感染症を発症したかもしれないと考えて早いうちに検査を受ける事をおすすめします。

勃起をした時の痛みに気を付ける

これから長茎術を受けようと考えている方々は、医師のアドバイスを聞かないまま普段通りの生活を過ごしていると、突然に股間の痛みを感じる可能性があるので注意が必要です。特に気を付けておきたいのが性的な刺激を与えない事で、長茎術の手術を受けた後にペニスを勃起すると、引き剥がした陰茎海綿体に刺激を加えてしまい、傷口が開いて痛みを感じる事もありえます。

手術を終えてから3週間から4週間ほどは性行為は禁止されるので、医師のアドバイスをよく聞きながら手術後の過ごし方を考える事が重要です。性行為だけでなく激しい運動なども傷口を開く原因になってしまうので、スポーツジムに通うのが趣味という人も、医師と相談しながら運動を再開するタイミングを決める事を推奨します。

シャワーなら手術を終えた翌日から利用できますが、傷口をしつこく洗ってしまうと傷口が開きますから、ペニスを洗う際には優しく汚れを洗い落としてください。むくみや腫れが手術後に発生する場合もありますが、むくみは多くの人が手術後に発生するので危険視する必要はないのですが、心配になったら医師に相談して感染症などを発症していないか確認する事を推奨します。

まとめ

痛みが心配で長茎術を受けるべきか迷っている人は、手術後の過ごし方や感染症への対処法を勉強するだけでも、何も心配せずに手術を依頼する事が可能です。クリニックによって手術の実績に違いがあるだけでなく、医師から受けられるアドバイスの内容にも大きな違いがあるので、まずは理想的なクリニックを探す事から始めてください。

長茎術の手術を済ませてから3週間から4週間ほどは性行為を楽しめないので、パートナーと相談しながら手術を受けるタイミングを決める事も重要です。安静に過ごしてさえいれば手術を受けてから、翌日にシャワーを浴びられるほど安全性の高い手術法です。