新築棟の遣(や)り方(丁張りともいいます)をしました。遣り方とは建物の位置と基礎の高さを現地で実際に出す作業です。
Carpenters made ‘Yarikata’ for New NIKKO INN’s cabins.  In the preparatory stage of foundation work, the enclosure can be built with wood piles and rails as benchmark, which is called ‘yarikata’.



図面の数値を大工さんがいろいろな道具を使って現地に落として行きます。
They use various tools to get the positions.



建物の芯から1mほど逃げたところに木杭をさしてそこに貫板を取付けます。この貫板は水貫とよばれ基礎の天端を現しています。さらに水貫には墨差しという特殊な筆を使って基準となる位置が記されます。
These woods ‘Mizu-nuki’ indicate the level of foundation. And those are signed positions by carpenter’s unique pen and ink.



敷地に建物が建つ位置が出ました!イメージが膨らみます。
The positions where cabins will be built became clear. The images came to me!